FC2ブログ

未来を創る!!

未来はみんなの総意で自然に形成されるものだと思います。未来の主役は、政治家ではなく、みんなでなければなりません。

プロフィール

egali12

Author:egali12
Yahooから引っ越して
来ました。
宜しくお願いします。

若い人や女性にも
政治・経済・社会を
マジに考えて
もらいたいです!!

いっしょに未来を
創りましょう!!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


楽天ホット情報


楽天売れ筋情報


amazonホット情報


楽天売れ筋情報2


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

真剣な方

人生・社会に真剣な方のご来訪を、お待ち致しております。

投票に参加して頂ければ、大変嬉しく思います。


メッセンジャーでの直接対話も可能となりました!!

スポンサーサイト
2006/06/29 20:26|出会い系TB:0CM:0

朝日新聞が行った全国世論調査で、日銀総裁は辞任すべきが67%で、福井総裁の村上ファンドへの投資行為に問題ありが80%との結果が出ました(朝日新聞6月27日朝刊)。 しかしこの数字が世論であると決め付ける事は全く出来ないのです。 この調査の中身を良く見ると、有効回答率が53%で1965人が回答しただけの数字なのです。 全く一部の人の意見であって、わたしの言う「みんなの意見」ではありません。 どんな調査にもバイアスがありますし、少なくとも統計学的に正当な世論であると認める事は出来ません。 それは、論理的に推定をしてみると明らかです。

今、この調査の方法が正しいものと仮定して、全有権者に調査を広げたらどうなるのかを推定してみます。 全有権者数をn人(実際には約10,327万人位か?)とします。 その内の53%の人が回答してくれ、更にその67%の人が辞任すべきと答えたわけですから、全有権者では

0.53XnX0.67=0.3551n人が、辞任すべきと答えた事になります。 この人数を実際の有権者数nで割ると(回答を保留した人も一つの意思表示と考えます)、全有権者に占める積極的に辞任すべきと答えた人の割合となります。 即ち、全有権者では、0.3551n÷nX100=35.51%の人が福井総裁が辞めるべきだと判断したものと推定されます。

同様に福井総裁の村上ファンドへの投資行為に問題ありと判断した人の全国民の意見を推定してみます。

0.53XnX0.8=0.424n    0.424n÷nX100=42.4%

即ち、全国民の意見では、80%ではなく、42.4%の人が、福井総裁の投資行為に問題ありと判断した事になります。

いずれにしても、全国民(有権者)の意見(正確な世論)としては、辞めるべきが35.51%で、投資行為に問題ありが42.4%と言う事になります。 

従って、結論としては、福井総裁に尊重すべき世論の逆風が吹いたと言えますが、深刻に受け止めなければいけない結果(50%超)ではないと判断されます。 

そこで、この問題で誰が悪いのかと言う事になりますと、まず福井総裁は、自らの投資行為で慎重さを欠いた事を認めている訳ですが、日銀総裁になる前の投資行為であって、あくまでプライベートの問題であり、日銀総裁としての職責に影響を与えたものとは、現段階では認められません。 

むしろ悪いのは野党・マスコミで、世論が67%と80%で、福井総裁が悪いと印象付けようとしているようにも思えます。 真に正確な世論は、実際に国民投票をして見なければ分からないのですが、推定される世論(みんなの意見)では、35.5%と42.4%と言う数字になります。

私は、この問題に対する福井総裁の対処方法としては、適正であると判断せざるを得ません。

みんなの意見が、間違えた結論を出すとは思われません!!

bloger諸氏はどう思われますか?

2006/06/27 16:35|政治経済TB:0CM:0

今の民主主義は、国民の意見を代表していない事は明らかです。 選挙で選ばれた議員が勝手に決めて、国民の意見が政策に反映される事はほとんどありません。 それが間接的に国民の声だと言っても、実質的には議員個人の横暴であり、国民不在の政治が行われている事には異論がないと思われます。 議員は畢竟、戦国大名と同じで、国民のためではなく、自己実現の手段として、政治を利用しているだけなのです。 少なくとも結果的には、そうなっているのが現状です。 

ポイントは、議員が決めた政策が国民の意見を代表していないと言う事です!! 

大半の議員は、党利党略や自己の利害得失で動き、国民を搾取する結果になっているのです。 統計学的にも、議員の意見を国民の意見の代表としては、認められない事は明らかです。 間接代表と言う概念そのものが、間違いなのです! 即ち、最低限、もっと多くの人の意見を、直接、政治的意思決定に反映させるシステムを導入しなくてはいけないのです!!

2006/06/25 13:36|政治経済TB:0CM:0

如何なる人間も、やはり、利害関係で動いてしまうものです。 利己的にも利他的にも規制あるいは限界があるべきですし、それはみんなの平均的な意見によって決めるのがベストではないでしょうか? 一人一人の意見は必ずしも合理的ではないと思いますが、みんなの平均的な意見は、作用・反作用・共鳴現象など色々起こって、数学的のみならず、物理的にも良い意見になると考えています!! 

2006/06/23 14:17|政治経済TB:0CM:0

欲しい本を安く買うことが出来る「みんなの本屋さん」です!  一冊の良い本との出会いがあなたの人生を変えます!!


アフィリエイト 私のおすすめ:
eBOOK-OFF 1,500円または文庫・新書3冊お買い上げで送料無料♪

2006/06/21 18:01|その他TB:0CM:0

みんなのポリティクスでは、政治家はみんなの意見を取りまとめるコーディネーターであるべきです。 主役はあくまでみんなであり、政治家は脇役に過ぎない! 従って、政治家の年棒は、1000万でも多過ぎます。 800兆円以上の赤字で破産寸前の国家が、政治家に2000万円も支払う事がそもそも真っ当な事ではありません。 その赤字はすべて政治家の責任なのですから!! 政治家が日本を間違えた方向に導いて来た訳ですから、この際責任を取って、これからは脇役に徹するべきなのです! 今の政治家の考え方で、今後日本が良くなるとは到底思えません!

2006/06/21 09:25|政治経済TB:0CM:0

みんなが意見を出し合い、政策を決めて行く方式の政治をイメージしています。 イデオロギーも何もありません。 ただ、みんなの幸福・利益を最優先した意思決定をして行く事になると思います。 結局最後は、国民投票のような多数決で決める以外にないと思いますが、皆で決めた事には納得が行くと考えています。 戦争も北方領土問題も政治家の過った意思決定によるものではなかったでしょうか? みんなで決めれば、少なくとも戦争と言う選択肢はないはずです!

2006/06/19 13:15|政治経済TB:0CM:0

日本に良い政治家がいないから、みんなが主導権を取って、日本を正しい方向に導くべきです。 このままでは過去の柵を断ち切れず、日本の堕落は半永久的に続きます。 私は何とか日本政治の流れを変えたいですが、勿論、私一人では何も出来ません。 ですが、みんなが力を合わせれば、それが可能だと考えております。 このblogの究極の目的は、自由参加型のポリティクスを一般的に普及させ、日本をそして世界を変えて行くことです。 勿論、ノーベル平和賞を目指します。 一人一人は微力でも、みんなの合力にはその力があると思っています。  

2006/06/17 21:41|政治経済TB:0CM:0
ブログ内検索


ホット情報


Yahooホット情報


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2カウンター


Yahooホット情報


amazon.com

下の矢印で回転させて見てね!!


アクセスアップには?


Yahooホット情報


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ


QRコード

QRコード


政治ブログ


音楽もアマゾンで!!


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. 未来を創る!!
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。